時をかける少女感想(アニメ映画) ネタバレ含む

時をかける少女


画像

東京の下町にある高校に通う女子高生・紺野真琴は、ある日踏切事故にあったのをきっかけに、時間を過去に遡ってやり直せるタイムリープ(時間跳躍)能力に目覚めてしまう。

この作品は有名なので知らない人はいないと思う


実際に見てみてこの作品を大好きになった!何回でも見たい!
爽やかで切なく少し甘酸っぱいSF恋愛アニメーション映画だと思った!


仲良し3人組の会話は聞いてて楽しかったし
笑いとシリアスがうまく絡んでて面白かった


また次は夏に見てみたい!


【ここからネタバレ注意】











いいですか?感想書いていきます



この作品を見てタイムリープを使いたいと思ったけど、
使い方を間違えると最悪の結果になってしまう恐ろしいものだと思った



画像

この最後のタイムリープを使った後の功介&果穂の坂道自転車のシーンの絶望感たらハンパじゃなかった




千昭に告白しに行く(してないけど)真琴に対して


功介が「真琴!前向いて走れよ!」


タイムリープで後ろ(過去)ばかり向いてた真琴に対してなにも知らないはずの功介がこの言葉を言ったとき3人の友情の厚さに心を打たれた


功介がそのこと(タイムリープ)に対して言った言葉じゃないとしても、真琴には大きな力になったんじゃないかと思う


結局タイムリープで修正を重ねた世界よりもありのままの世界がすばらしいと感じた
でもタイムリープには憧れる


千昭は告白せず「未来で待ってる」と言って帰ってしまう
悲しかった。そして野球をしながら青空を見上げてEND



悲しいですがとてもさっぱりとした終わり方でした


ここから分かれ道の標識や功介の二つの意味にも捉えられる言葉など考えさせられるものが多くて面白かったです


たぶん2回目を見たらまた違う感想が出てくるかもしれませんね
何回でも見たい作品でした

また夏にでも見ようと思います   ではノシ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック